LINEポイントコード・楽天ギフトカード番号・Pontaポイントコード・アマギフコード、ebookjapanクーポンコードの入力・集約ページ!

ポイントコード入力画面

ポイ活をしていると、期待値がプラスなキャンペーンに、片っ端から参加しちゃいますよね!

そしてそのキャンペーンに参加した対価として、ポイントクーポンを報酬として受け取ることになります。

受取方法にもよりけりですが、場合によってはそのキャンペーン報酬を一つのアカウントに集約することも可能です。

例えば家族のアカウント5つで参加して、それぞれのアカウントで100ptずつ獲得するよりも、一つのアカウントで500ptで獲得した方が、そのポイントの使い道(出口戦略)に困ることもないでしょう!

ということで、こちらの記事では、キャンペーン報酬を集約化できるページをご案内します!

LINEポイントコード

LINEポイントは等価でPayPayポイントに交換もできますし、このような手順で無料で現金化することもできます。(参考:LINEポイント現金化実践動画

そのためキャンペーンの報酬として、LINEポイントが貰えると、テンション上がります♪

そんなLINEポイントですが、直接付与されることもあるものの、ポイントコードを介して付与されることもあります。

報酬で獲得したLINEポイントを一つのアカウントに集約したい場合は、ポイントコードが表示されている画面から受け取らずに、集約したいアカウントから下記のボタンをタップして、そのポイントコードを入力することによって、集約可能です。

ただし、ポイントコードの種類によっては、一人につき利用できるポイントコードの口数に、限りがある場合があります。

楽天ギフトカード

キャンペーンの報酬として、楽天ポイントが付与されることも多いですよね!

楽天ポイントを直接配布ではなく、ギフトカード番号(16桁)というもので、配布されることもあります。

そんな16桁のギフトカード番号を入力して楽天ポイントゲットはこちらです!

尚、POSAカードの楽天ギフトカード(楽天キャッシュの受け取れるギフトカードや旧楽天ポイントギフトカード)とは異なります。(楽天ギフト物理カードのポイントチャージはこちらからできます。)

ギフトカード番号(16桁)を入力した後に、エラー表示が出てチャージができないこともありますが、そのエラー画面での案内通りに、再度ログインを済ませて、番号を再入力すると、チャージが完了します。

Pontaポイント コード

16桁のPontaポイントコードも、受け取りたいアカウントでログインした状態で、下記から登録することによって、そのアカウントに集約することができます。

Amazonギフトコード

キャンペーンの報酬として、Amazonギフト券を貰えることも多いです。

デジタルギフトとして付与されることがほとんどなので、それをコピって下記から入力してチャージを完了させましょう!

au PAY ギフトカード

au PAY残高をチャージすることができるau PAYギフトカード(旧au PAYチャージカード)には、カードタイプとデジタル発行のコードタイプの2種類があります。

キャンペーンの報酬として貰えることが多いのは、コードタイプのau PAYギフトカードです。

そんなコードタイプのau PAYギフトカードは、au PAYアプリから下記の手順で残高チャージが可能です!

ギフトコードコピー👉アプリ起動👉チャージ👉au PAYギフトカード👉コード番号を手入力👉ペースト👉コードを確定する👉チャージする

尚、webからの場合は、ギフトコードをコピーして、下記からチャージしましょう!

Vポイントギフトコード

三井住友カード主催のキャンペーンでは、その特典として、Vポイントギフトが貰えることが多いです。

下記の手順で残高にチャージしましょう!

ギフトコードをコピー👉Vポイントアプリを起動👉右・真ん中より少し上にある「ギフト」をタップ👉右下の「入力する」をタップ👉コードをペースト👉「受け取る」をタップ!

約1分で残高にチャージ完了となります。

Google Play ギフトコード

キャンペーンの特典として、Google Playギフトコードが貰えることも多いです。

コピペで下記からチャージしましょう!

PCからでも簡単にできます!

ebookjapanクーポンコード

ebookjapanでは、ほぼ毎月のように200円オフクーポンを配布してくれます。

尚、配布されている時は、こちらの記事に記載しています。

そんなebookjapanクーポンは、毎日1回無料で引くことのできる宝箱くじで当たることもあります。

その時はクーポンコードという形で付与されます。

ebookjapanクーポン当選後の案内に従って進めていくと、獲得完了となるのですが、表示されたクーポンコードをコピって、別のヤフーアカウントにログインした状態で下記をクリックしてコードをペースト(貼り付け)&「獲得する」ボタンをクリックすると、当てたアカウントではなく、そのログインしている別のアカウントでebookjapanクーポンを獲得することができます。

家族にebookjapanユーザーがいる場合は、その人のアカウントにebookjapanクーポンを集約するのも良いかもしれません。

※マネトラはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

お得なキャンペーンが大好きなマネトラです。 カンタンに真似できる、再現性の高いお得情報をブログで公開しています。 YouTubeでは、マネトラchを開設しています。キャンペーン特化動画です。